このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

USP工法(深層混合処理工法)

USP工法IIとは、セメント系固化材を用い、固化材スラリーを特殊攪拌翼の先端から地盤に注入しながら攪拌・混合し、均一で良好な柱状の強固なコラムを築造する深層混合処理工法による地盤改良工法です。

写真:USP工法施工風景 詳細へのリンク

ザンドックス工法(軟弱土固化処理プラント)

建設工事で発生する軟弱土や不良土に固化材(セメント系、石灰系)を添加・混合し、固化処理することにより不良土を良質土に改良し、現場発生土の多様な建設工事での有効利用を促進します。    

写真:ザンドックス工法施工風景 詳細へのリンク

エコロックパイル工法(小口径羽付き鋼管杭)

先端部に切刃及び、らせん翼を取り付けた小口径羽根付き鋼管杭を回転して地中に貫入させます。低騒音・低振動・無排土なので環境にやさしく、狭い敷地や搬入路でも施工が可能な工法です。   

写真:羽根付き鋼管杭 詳細へのリンク