ホーム >  地盤改良 > 表層改良

表層改良

表層改良は比較的浅い深度の地盤改良に適用される工法で、セメント系固化材、石灰系固化材を軟弱土に添加し、これをバックホウやスタビライザーを用いて混合攪拌し、固化処理することにより良質土化します。
汎用機械を使用するため経済的で小規模な現場にも対応可能です。

施工風景

写真:バックホウによる施工風景
バックホウによる施工風景

表層改良のポイント

  • 汎用機械での施工を行うので、小規模現場などでも対応が可能です。
  • 目的や現場条件に応じて使用する固化材の種類を選定します。
    市街地での施工では低発塵型固化材の使用など環境に配慮した施工を行います。
  • 事前に室内配合試験を行うことにより安全な固化材品種、添加量を決めます。

施工手順

1.固化材散布
改良の対象範囲に計画量の固化材を均一に散布します。
2.混合・攪拌
土と固化材を混合ムラがなくなるまで攪拌します。
写真:施工作業(固化材散布)の様子 写真:施工作業(混合・攪拌)の様子
3.不陸整正
混合した地盤の上面を平に均します。
4.転圧
平になった改良地盤をローラー等で転圧します。
写真:施工作業(不陸整正)の様子 写真:施工作業(転圧)の様子

  • 調査・試験から設計~施工まで最先端の一貫した技術を有しています。
  • 土質試験室を完備し、徹底した品質チェックをおこなっています。 土質試験へのリンク
  • 総合化学メーカー、宇部興産グループの一員である当社はセメント系固化材に関する 豊富な知識と経験を有しており、適切な固化材選定や環境にやさしい工法の提供が可能です。

ページトップへ戻る