トップページ > ニュースリリース > 2017年度

伊佐セメント工場、排熱発電設備の設置について

2017年4月20日

宇部興産株式会社(社長:山本謙)では、伊佐セメント工場(山口県美祢市)に排熱発電設備(発電能力1万4千kW)(以下「本設備」)を設置することを決定いたしました。稼動は2020年1月の予定です。
宇部興産の排熱発電設備設置は、2015年12月稼動の苅田セメント工場に次いで2例目となります。(宇部セメント工場(山口県宇部市)は、自家発電所から電力供給を受けています。)

排熱発電とは、セメント製造工程において排出される熱を利用した発電方式です。セメントの主要原料であるクリンカーは、石灰石などの原料を1,450℃の回転する窯(ロータリーキルン)に投入し、焼成することで製造します。本設備では、キルンに投入する前の原料を予熱するためのプレヒーターと、できあがったクリンカーを急冷するためのクリンカークーラーの排熱を利用して発電します。

宇部興産では効率の良い排熱発電を伊佐セメント工場に導入することで、発電に伴う化石燃料の使用を抑え、年間5万tのCO2を削減する見込みです。
また、本設備からの電力は、伊佐セメント工場内だけでなくUBEグループの他の工場へ送電(自己託送)し活用することで、グループ全体での電力コスト削減にも大きく寄与します。

宇部興産のセメント事業は国内3工場体制で運営しております。本設備の稼動後、3工場における排熱発電による電力構成比率は業界トップレベルとなります。

伊佐セメント工場の概要

所在地
山口県美祢市伊佐町伊佐4768
操業開始
1948年
従業員数
232人
工場敷地面積
40万m2
クリンカー生産能力
400万t

伊佐セメント工場全景

伊佐セメント工場全景

お問い合わせ先
〒105-8449 東京都港区芝浦一丁目2番1号 シーバンスN館
宇部興産株式会社 経営管理室 IR広報部
TEL:03-5419-6110
インターネットによるお問い合わせ

前のページへ戻るページトップへ

日本語 | English