トップページ > 製品情報 > 資源リサイクル > 廃棄物処理
資源リサイクル

廃棄物処理

NSPタワーとロータリーキルン

現在、我が国では年間約4億t以上の廃棄物が発生しています。廃棄物の大部分は再生利用されたり、中間処理により減容化されますが、直接最終処分も含めると最終処分量(埋立量)は年間約2千万tにもなります。最終処分量は、自治体、企業などの努力により年々減少していますが、最終処分場の新設は難しく、その延命化が課題となっています。

セメント工場は最終処分の必要のない廃棄物処理方法として注目されています。宇部興産のセメント工場では、年間300万t以上の廃棄物・副産物の処理を行い、循環型社会の形成に貢献しています。

特長

  • ほとんどの廃棄物の成分は、セメント成分に近いためセメント原料として、高カロリー廃棄物は熱エネルギー代替に利用できます。
  • セメントキルンは、1,450℃の高温で焼成されるため、ダイオキシンなどの有機系の有害物質は完全に分解されます。
  • セメントキルンで焼成された廃棄物の残渣は、そのままセメントに取り込まれるので、最終処分の必要がありません。

主な対象廃棄物一覧

廃棄物種類 品目
セメント原料化処理
  焼却灰 石炭灰、バイオマス焼却灰、都市ゴミ焼却灰、重油燃焼灰など
汚泥 下水汚泥、上水汚泥、工場排水汚泥、し尿汚泥、無機汚泥、建設汚泥など
建設発生土 建設発生土
廃 液 焼酎廃液、賞味期限切れ飲料水、工場廃液など
鉱さい サンドブラスト廃砂、廃鋳物砂など
セメント熱エネルギー代替化処理
  廃プラスチック 廃プラスチック類、RDF、RPF、容リ残渣、ASR(自動車破砕残渣)など
木くず 木質チップ
繊維くず 古畳
動物性残渣 肉骨粉
廃タイヤ カットタイヤ
特別管理産業廃棄物は処理できません。
化学成分や状態により処理できない廃棄物もありますので、まずはご相談下さい。
ASR投入施設活用率:苅田セメント工場 別ウィンドウで開きます

廃棄物処理設備およびシステム

廃棄物を安全に、かつ安定的に処理するために各種廃棄物処理設備やシステムを有しています。その一例を示します。

(1)汚泥投入設備(宇部工場、伊佐工場)

汚泥投入設備(宇部工場、伊佐工場)

高含水、悪臭を発する下水汚泥や排水汚泥は専用設備に受入れ、そこから直接セメントキルンに投入されます。


(2)熱エネルギー代替廃棄物処理設備(宇部工場、伊佐工場、苅田工場)

熱エネルギー代替廃棄物処理設備(宇部工場、伊佐工場、苅田工場)

形状、性状などが異なる様々な熱エネルギー代替廃棄物を処理するため、破砕、セメントキルンへの輸送を行います。


(3)高塩素バイパス(苅田工場)

高塩素バイパス(苅田工場)

セメントキルンで廃棄物をセメントの原燃料として再利用する際、セメントの品質や安定操業に悪影響を及ぼす塩素を大量に除去できる高塩素バイパス設備を設置しました。これにより、これまでセメント原料に不向きだった塩素を多く含む都市ゴミ焼却灰などを処理できるようになりました。

第15回フジサンケイグループ地球環境大賞「フジサンケイグループ賞」受賞


(4)都市ゴミ焼却灰セメント原料化システム(山口エコテック 別ウィンドウで開きます

都市ゴミ焼却灰セメント原料化システム(山口エコテック)

都市ゴミ焼却灰はダイオキシン類や塩素を含むため、セメント工場での処理に不向きでした。そこで、都市ゴミ焼却灰の前処理を行う山口エコテック株式会社 別ウィンドウで開きますを株式会社トクヤマと共同で設立し、山口県内を中心とした都市ゴミ焼却灰の再資源化を行っています。

リサイクルフロー

リサイクルフロー

この製品に関するお問い合わせ先 宇部興産(株) フォームからのお問い合わせ
建設資材カンパニー 資源リサイクル事業部
営業部(宇部) TEL:0836-35-2813 FAX:0836-35-3149
営業部(東京) TEL:03-5419-6208 FAX:03-5419-6264

ページトップへ