このページを閉じる

UBEグループ 【私達の行動指針】
第1章 企業の使命と社会的責任
私達は新しい価値の創造に努め、企業の継続的発展を図ると同時に企業の社会的責任(CSR)を積極的に果たすことで、社会の健全な発展に貢献します。
    私達は
  1. 新しい価値の創造に努めるとともに、誠実に職務を遂行し公正な事業活動を行い、社会の信頼の保持に努めます。
  2. 多様な個性と価値観を尊重し、創造性とチャレンジ精神に富んだ企業風土をつくります。
  3. 新しい発想と広い視野を持つプロフェッショナルを目指します。
  4. 公正な事業活動を通じて利益を確保し、企業としての継続的発展を図ります。
  5. 社会の持続的な発展に寄与し、社会との共存同栄を図ります。
  6. 良き市民として社会貢献活動に努めます。
第2章 法と企業
私達は国内外の法令、会社の規則を遵守し、健全な社会の一員として行動します。また反社会的勢力とは取引関係を含め一切関係を持たず、これらの勢力からの不当な要求に応じません。
    私達は
  1. すべての法令およびその精神を遵守し、違法な行為を行いません。
  2. 法令違反にならない場合でも、社会的良識に反する行為は行いません。
  3. 会社の規則・ルールを守り、公私の別を明らかにして行動します。
  4. 会社の財産、信用、社会的評価を損なうことのないよう努めます。
  5. 法令とルールに従った適正な経理処理と税務申告を行います。
  6. 暴力団等の暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団または個人(反社会的勢力)からの不当で反社会的な要求には公的機関や専門家とも連携し、毅然たる姿勢で対処します。
第3章 事業活動と価値の創造
私達は社会の信頼が得られる有用で安全な技術・製品・サービスを開発、提供します。
    私達は
  1. 有用で環境に配慮した安全な技術・製品・サービスを適正な価格で安定的に提供し、消費者・顧客の満足と信頼を獲得します。
  2. 開発、設計段階から製造、物流、販売を経て使用、廃棄に至るまで、技術・製品・サービスの安全性と環境保護に十分配慮します。
  3. 社会の多様なニーズを見つけ出し、新しい時代を切り拓く技術・製品・サービスの開発に努めます。
第4章 公正と誠実
私達は国内外の事業活動において、自由で公正な競争と誠実な職務執行に努めます。
    私達は
  1. 市場における取引および競争は技術、品質、価格、サービスなどに基づき、公明正大に行います。
  2. 競合他社や取引先などを害する不公正または不当な手段による利益の追求はしません。
    (※独占禁止法を始めとした各国競争法の遵守を含む。)
  3. 市場における健全で自由な競争を阻害する不公正または不当な行為は行わず、そうした行為につながる慣行にも従いません。
    (※他社製品の誹謗、他社のブランド力・ネームバリューへの便乗、第三者のアイデア等の盗用、特許権・著作権等の知的財産権の侵害、下請け先の圧迫行為等の禁止を含む。)
  4. 事業活動のあらゆる場において、政治・行政との健全かつ正常な関係を常に保ちます。
    (※国内外を問わず、公務員・政治家との癒着、贈賄や不正な利益の供与の禁止を含む。)
第5章 安全と環境
私達は安全の確保と、人類共通の課題である地球環境の保全に自主的、積極的に取り組みます。
    私達は
  1. 無事故、無災害を目指し、安全の確保、労働災害の防止に万全を期します。
  2. 一人ひとりの健康の保持増進に努めます。
  3. 地球環境保全に不可欠な省資源、省エネルギー、廃棄物および化学物質排出量の削減に取り組み、自主的、継続的に環境に対する負荷の低減に努めます。
  4. 廃棄物の再資源化に積極的に取り組むとともに廃棄物の適正な処理を行います。
第6章 人権と企業
私達は国内外の事業活動において、人権を尊重し、健康で明るく働きやすい職場をつくります。
    私達は
  1. 個人の人格、個性など個人の尊厳を尊重し、相互理解に努め、不当な差別をしません。
    (※強制労働、児童労働、人身売買を含むすべての非人道的行為を自ら行わないことはもちろん、そのような行為を行っている個人、団体と一切関わりを持たないことを含む。)
  2. 健康で明るく、個人の能力を発揮できる、働きやすい職場環境をつくります。
    (※セクシュアルハラスメント、パワーハラスメント、マタニティハラスメント等の職場における嫌がらせ行為の禁止を含む。)
  3. 相互信頼を基調とした、良好な労使関係の形成維持に努めます。
第7章 情報と企業
私達は情報の保護と企業情報の正しい開示に努め、広く社会との円滑なコミュニケーションを積極的に行います。
    私達は
  1. 個人情報、顧客情報や取引先の情報の保護に努めます。
  2. 会社に対する幅広い理解と信頼を得るため、企業運営の公正・透明性の確保および企業の説明責任を重視し、ステークホルダー(利害関係者)への企業情報の正確かつ公平・迅速な開示・提供に努め、広く社会との円滑なコミュニケーションを図ります。
  3. 未公開の企業情報(インサイダー情報)と会社の機密の取り扱いについては、万全の注意を払います。
第8章 国際社会と企業
私達は国際社会の一員として、関係各地域の発展に貢献します。
    私達は
  1. 関係する地域の文化、慣習を尊重し、その地域の発展に貢献します。
  2. 国際ルールや現地の法律に基づいて判断、行動し、関係する地域における信頼の確保に努めます。
  3. 国際感覚を磨き、国際社会の一員として期待される役割を積極的に果たします。
第9章 まとめ(企業倫理の確立)
私達はこの「行動指針」に基づき、グループ内や取引先と緊密に協力して、企業倫理の確立を目指します。
    私達は
  1. 役員・社員一人ひとりが、進んでこの「行動指針」を遵守します。
  2. 日頃から、上司への報告、意見具申等を的確に行うように努めます。
  3. この「行動指針」に基づく企業倫理確立のため、UBEグループは、内外の声を広く聞き、実効ある体制を整備します。
PAGE TOP