宇部興産特例子会社 リベルタス興産

ニュース&トピックスTOPへ

キャラクター「平成29年度全国障害者技能競技大会
   (通称アビリンピック) in 栃木県で金賞!」

2017年11月 宇都宮市体育館

平成29年11月17日〜19日に栃木県で開催された「第37回全国障害者技能競技大会」に当社の柴田紘志氏が「DTP競技」に山口県代表として出場しました。DTPとは、広告などの出版物の編集をパソコン上で行い、プリンタで出力する中で、アイデアを盛り込み、効果的で目を引く出版物の製作を競う種目です。10月に開催された山口県大会で金賞。「日頃の成果を発揮できれば入賞は望める」と評価をいただいていました。全国大会は22競技365人が出場し、DTP競技は19人で競いました。

3時間という短い時間の中で、個々の感性を信じながら作成していき、様々な作品が出来上がっていきました。そんな中、競技終了時間が迫った頃、柴田さんが突然頭を抱えバタバタと作業を始めたのです。

同行していた私(田中)は「何が起こったの?何をしたの?」と、オロオロしていました。そして競技終了!

「やってしまった・・」と呟く彼。結果は翌日の閉会式で発表されました。「やってしまった」と思っている本人は、「せめて入賞でも・・」との思いで結果発表に挑みました。努力賞から始まり銅賞、銀賞と発表。銀賞が山形県の方で、言い始めの「山」でドキッとした後の落ち込み。「天国(金賞)か地獄(入賞無し)だ・・」と塞ぎ込む。「栄えある金賞は、山口県・・・」とアナウンス。塞ぎ込んでいた頭が上がり、びっくりした表情でした。表彰台へ進む彼が大画面に映され、目頭を押さえる仕草もあり、更に嬉しさが増しました。同じ会社に勤める者として、彼が誇らしかったです。次は、世界大会を目指すことになります。今後の活躍も楽しみです。この結果を受けて、12月20日に山口県知事表彰が授与されました。余談ですが、全国大会の結果発表を動画で取りましたが、金賞の発表直後から、自分の歓喜の声ばかりで彼の名前すら聞こえませんでした・・・。(ライター:田中)

写真