MENU

セメント製品の放射能濃度測定結果について

2012年1月26日

弊社セメント工場で生産・出荷しておりますセメント製品の放射能濃度について、直近の測定結果を以下のとおり、お知らせいたします。

いずれも、昨年6月16日に国土交通省が発表した、原子力災害対策本部通知「放射性物質が検出された上下水処理等副次産物の当面の取扱いに関する考え方」の内容を満足するものであることを確認しております。
なお、直近以前の測定結果についても、同様であることを確認しております。

先般、福島県二本松市のマンションでコンクリートから高濃度の放射線量が検出されたとの報道があり、お客様から、弊社セメント製品の放射能濃度についてのお問い合わせをいただいておりますが、引続き弊社セメント製品を安心してご利用いただきますようお願い申し上げます。

工場 セメント 出荷月 放射能濃度(Bq/kg)
セシウム134 セシウム137 ヨウ素131
宇部
(山口県)
普通セメント 12月 ND(不検出) ND(不検出) ND(不検出)
高炉セメント 9月 ND(不検出) ND(不検出) ND(不検出)
早強セメント 12月 ND(不検出) ND(不検出) ND(不検出)
伊佐*1
(山口県)
普通セメント 12月 ND(不検出) ND(不検出) ND(不検出)
苅田
(福岡県)
普通セメント 12月 ND(不検出) ND(不検出) ND(不検出)
高炉セメント 9月 ND(不検出) ND(不検出) ND(不検出)
*1 伊佐工場の普通セメントは宇部工場の沖の山地区で仕上粉砕したものです。
 

お問い合わせ先

ニュースリリースについてのお問い合わせ