MENU

クロロガード工業会 平成30年度(第3期)定時総会開催について

2018年7月19日

宇部興産建材株式会社(社長:岡﨑正毅)、宇部興産株式会社(社長:山本謙)と日本興業株式会社(社長:多田綾夫)がコンクリート用混和材「クロロガード®」の普及を目的として2016年10月に設立した「クロロガード工業会(以下「工業会」)」は、第3期総会を7月18日に東京都港区浜松町の世界貿易センタービル内にて開催しました。
設立総会開催時点における会員数は30社でしたが、今回は41社となりました。第3期総会では、新会長の就任や第2期決算報告、第3期の事業計画などを審議、承認されました。

「クロロガード®」はセメントなどに所定の量を混ぜることで耐塩害・高耐久性コンクリートを得ることのできる混和材(無機系混合物)です。クロロガード®を使用することにより、コンクリートの組織が緻密化し、塩化物浸透抵抗性のほか、圧縮強度、乾燥収縮特性、凍結融解に対する抵抗性にも優れたコンクリートを製造することができます。
近年、インフラ老朽化や建設コスト高騰などを背景に、コンクリート構造物の長寿命化、高耐久化、ライフサイクルコスト低減が求められていることから、本工業会では「クロロガード®」の全国普及推進を目指して活動しております。

今後は全国でさらなる会員数の増加を図るとともに、会員各社に耐塩害や耐久性に優れたコンクリート二次製品の営業活動を展開していただくことで「クロロガード®」の売上拡大を図ります。

クロロガード工業会の概要

名称 クロロガード工業会
目的 「クロロガード®」全国普及の推進
会長 村上 直毅(宇部興産建材株式会社 執行役員 企画管理本部統括部長)
副会長 乗松 伴成(日本興業株式会社 執行役員 土木資材事業部長)
顧問 橋本 親典(徳島大学大学院 理工学研究部 教授)
吉武 勇(山口大学大学院 創成科学研究科 准教授)
製造会員 コンクリート二次製品メーカー(主にボックスカルバートを製造しているメーカー)
販売会員 宇部興産建材株式会社の代理店及び特約店
地域会員および全国会員 営業地域
1.北海道・東北地域、2.関東・甲信越地域、3.東海・北陸地域、
4.近畿地域、5.中国・四国地域、6.九州・沖縄地域
地域会員
営業地域が1地域内の会社とし、全国会員は2地域以上の会社
入会要件 会長並びに副会長の両者の推薦が必要

村上会長の総会挨拶要旨

第3期定時総会の議題に関して会員の皆様方にご承認頂けましたこと御礼を申し上げます。また、今年度から宇部興産株式会社の建材事業が、宇部興産建材株式会社へ統合・分社化されたことに伴い、クロロガード工業会事務局は、クロロガードの製造元である宇部興産建材株式会社へ移管されました。ただし、クロロガードを開発し、継続して技術フォローを行っている宇部興産株式会社を本工業会から切り離すことは現実的でないと判断し、両社を一体とみなし、本工業会の特別会員と認めていただき、お礼申し上げます。
本工業会は発足してようやく2年経ちましたが、設立当初の会員数30社から現時点では41社にまで増員することができました。また、施工実績などについても徐々に増加している状況です。今後も引続き、会員各社様のご協力も頂きまして、更なる普及展開に挑んでまいりたいと思います。
本工業会の目的は設立時から変わっておりませんが、コンクリート構造物の長寿命化・高耐久化、ライフサイクルコストの低減が求められている時代を背景に、耐塩害・高耐久性 コンクリート用混和材である「クロロガード®」を全国に普及していくことです。本工業会を通じて「クロロガード®」で高機能化したコンクリート二次製品を普及させることで、社会に貢献してまいりたいと思いますので、会員各社の皆様におかれましては今後とも相変わらずにご協力を頂けますようお願いを申し上げます。

参考:7月18日 クロロガード工業会総会の様子

村上新会長挨拶 村上新会長挨拶
総会の様子 総会の様子

お問い合わせ先

  • ニュースリリースについてのお問い合わせ
    • 〒769-2101 香川県さぬき市志度4614-13
    • 日本興業株式会社 総務人事部
    • TEL:087-894-8130
製品についてのお問い合わせ
    • 〒105-0023 東京都港区芝浦一丁目2番1号 シーバンスN館
    • 宇部興産建材株式会社 企画管理本部統括部
    • TEL:03-5419-6206
    • 〒769-2101 香川県さぬき市志度4614-13
    • 日本興業株式会社 土木・景観事業本部 土木資材事業部
    • TEL:087-894-8134
  • クロロガード工業会HP:http://www.chloroguard.jp/