HOME > 分析機能(装置) > 物性試験
B0801

触媒分析装置(流通式化学吸着測定装置)

1. メーカー・型式

日本ベル製     BELCAT-B

2. 原理

常圧ガス流通システムで、各種過程でのガス量変化を熱伝導度検出器(TCD)で検出することにより、ガス吸着量や脱離量を測定する。

(右)写真:装置外観 (左)図:流路図

3. 性能

測定方式 常圧流通式
電気炉 最高温度1,200℃ 常用温度1,100℃以下
ガスポート キャリアガス 4、非耐食性ガス 3、耐食性ガス 1
流量調整 マスフローコントローラー(ガス流量5〜100cc/min)
検出器 半拡散型4素子熱伝導度検出器(TCD)(W-Reフィラメント)
検量管 約0.5cm3(付属 約1.0cm3
サンプルセル コの字型セル 容積 パルス用:5cm3(パイレックス製)
          容積 TPD/TPR用:1cm3(石英製)
サンプル量 10mg〜5g

4. 測定項目、解析項目

測定項目
  • パルス吸着量測定
  • 昇温式脱離過程測定(TPD)
  • 昇温式還元/酸化過程測定(TPR/TPO)
  • 昇温式表面反応測定(TPRx)
解析項目 固体触媒の金属表面積、活性表面積、金属分散度、結晶粒子径

5. 応用分野・分析事例

触媒、活性炭など

  • COパルス法による金属表面積測定
  • パルス法による酸素吸着量測定
前のページに戻るこのページのトップへ