HOME > 分析機能(装置) > 物性試験
B1401

湿度制御TMA(熱機械分析装置)

1. メーカー・型式

NETZSCH Japan製     湿度制御TMA装置 TMA-4000SE+HC9700

2. 原理・特徴

温度および湿度をプログラムに従って変化させながら、静的または動的な荷重を加えて、材料の変形を測定します。
サンプルの圧縮、引張り、針入モードなどの測定方法があり、材料の膨張・収縮・線膨張係数・ガラス転移など検出することが出来ます。

図1:TMA装置写真
図1:TMA装置写真
図2:TMAプローブ(NETZSCH Japan 総合カタログより)
図2:TMAプローブ(NETZSCH Japan 総合カタログより)

3. 仕様

測定温度範囲 5℃ 〜 90℃(昇温速度 Max. 0.5℃/min)
測定湿度範囲 5% 〜 90%RH(昇湿速度 Max. 5%RH/min)
制御安定性 ±0.5℃以内、±0.5%RH以内
検出方式 全膨張方式
変位測定範囲 ±0.5μm 〜 ±2,500μm
荷重範囲 ±0.98mN 〜 ±4.9mN

4. 適用分野

  • 高分子材料、電子部品材料の吸湿性評価
  • 紙、繊維、フィルムなどの伸縮性評価
  • 湿熱環境における各種材料の機械特性評価
前のページに戻るこのページのトップへ