HOME > 分析機能(装置) > 高分子分析
C1702

高温ゲル浸透クロマトグラフ(高温GPC)

1. メーカー・型式

Agilent社製    PL-GPC220

2. 原理・特徴

示差屈折計(RI)、粘度計(VISCO)および光散乱検出器(LALLS)の3種の検出器を装備した本装置では、それぞれの検出器より高分子の平均分子量および表1に示す項目の測定が可能です。

表1:各検出器による測定項目および測定可能範囲
検出器 平均分子量 分子サイズ 分岐度
RI 相対分子量
(標品換算分子量)
- -
2,000〜850万程度
VISCO 絶対分子量 - 分岐度g'
分岐数Bn
分岐頻度λ
2,000〜1,000万程度
LALLS 絶対分子量
(正確度高)
慣性半径Rg -
2,000〜1,000万程度 約10nm(Rg)〜
[MW目安:10万〜]

【RI】分子量既知で単分散な標準試料[例:標準ポリスチレン(PS)]の測定を行い、溶出時間と分子量の関係から検量線を作成し、PS換算の試料の相対分子量を求めます。最も一般的な測定です。

【VISCO】標準PSの測定を行い、粘度計の出力より固有粘度[η]を求めます。log[η][分子量]と溶出時間の関係は高分子の種類によりません。この理論に基づいて標準PSの[η]を用いて作成したユニバーサル検量線より絶対分子量を算出します。分子量のみならず分岐度評価も可能です。

【LALLS】LALLSの出力は試料の濃度と分子量の積に比例するため、これを濃度に比例するRIの信号、装置定数により除することで絶対分子量を算出します。また、分子サイズ(慣性半径)を光散乱の結果より算出することも可能です。

3. 主な性能、仕様、付属品

測定温度 145 ℃
測定分子量範囲 2,000 〜 10,000,000
使用カラム Agilent PLgel Olexis ×2 (+ Agilent PLgel Guard )
使用溶媒 オルト-ジクロロベンゼン (ODCB)
検出器 キャピラリーVISCO、LALLS、RI
図1:装置の概観

図1:装置の概観

4. 試料の種類、形状、必要量

溶離液に可溶な高分子[固体、液体問わず(30 mg程度以上)]

 例:ポリオレフィン[ポリエチレン(LDPE、HDPE、LLDPE)、ポリプロピレン等]

   EVA(エチレン・酢酸ビニル共重合体)等

5. 測定データの例

図2:標準ポリエチレン(NIST1475:LDPE)のクロマトグラム

図2:標準ポリエチレン(NIST1475:LDPE)のクロマトグラム

RALS:Right Angle Light Scattering
LALS:Low Angle Light Scattering

前のページに戻るこのページのトップへ