HOME > 分析対象 > 材料 > 加熱発生ガス
F049

EGA*-MS法による無機物の加熱発生ガス分析

*:Evolved gas analysis

試料を加熱した際に、ガスが発生する状況を調べる分析手法として、EGA-MS法があります。

下図に示すように、試料から検出器までの経路が短くシンプルであるため、従来のTG-MS法に比較して、10倍以上の感度で測定することができます。

図1:EGA-MS装置の概念図

図1:EGA-MS装置の概念図

MgO(酸化マグネシウム)は、空気中に放置すると、空気中の水分とCO2を吸収して、徐々にヒドロキシ炭酸マグネシウムに変化します。

化学式:酸化マグネシウム→ヒドロキシ炭酸マグネシウムへの変化

実際に空気中に放置したMgOを、EGA-MS法により測定した結果を下図に示します。水(H2O)と炭酸ガス(CO2)の発生状況が、よく観察されています。

図2:EGA-MS測定結果

図2:EGA-MS測定結果

前のページに戻るこのページのトップへ