HOME > 分析対象 > 材料 > 有機材料
F075

GC/MSによるエチレンジアミン四酢酸の高感度分析

エチレンジアミン四酢酸(EDTA)は、石鹸洗浄剤、化粧品添加剤、染色助剤や合成ゴムの重合剤など種々の用途に使用されおり、通常は、キャピラリー電気泳動(CE)やイオンクロマトグラフィー(IC)を用いて分析します。しかし、ppbレベルでの高感度分析は困難です。

この場合、EDTAのカルボン酸をメチルエステル化しガスクロマトグラフ-質量分析法(GC/MS)の選択的イオンモニタリング(SIM)で分析することでppbレベルの定量ができます。

図1 EDTAのエステル化反応
図1 EDTAのエステル化反応

図2にm/z=174でモニタリングした時のEDTA(10ppb)のSIMクロマトグラムを示しました。

図2 EDTA(10ppb)のGC-MS-SIMクロマトグラム

図2 EDTA(10ppb)のGC-MS-SIMクロマトグラム

前のページに戻るこのページのトップへ