HOME > 分析機能(装置) > 有機分析
F1501

フーリエ変換赤外分光光度計

1. メーカー・型式

Agilent Technologies社製     Cary670型

2. 原理・概略図

物質に赤外光をあてると、物質を構成している分子の分子振動に応じた特定の波数域の光だけが吸収されます。そこから得られた赤外吸収スペクトルから原子団や官能基を特定することが可能となります。

(概略図)に示したように、光源より出た光は干渉計を通り、干渉光となり検出器に到達します。その出力信号をデジタル化し、フーリエ変換することで赤外吸収スペクトルを得ることができます。

図:概略図

図:概略図

3. 性能・仕様

干渉計 エアーベアリングマイケルソン干渉計
測定波数範囲 6,000-400cm-1
検出器 DLaTGS
最高波数分解能 0.1cm-1
測定法 透過法、拡散反射法、ATR法、カイネティクス測定(最高110スペクトル/秒の高速カイネティクス測定)、
*顕微IR法

4. 測定試料

対象試料 有機化合物、無機化合物、高分子化合物
試料量 数mg以上

5. 分析依頼時の留意点

カーボンなど黒色試料では明瞭なピークが得られ難い場合があります

6. 応用分野・分析例

  • 有機・無機化合物の構造解析
  • ポリマーの組成分析
  • 溶剤中の油分の定量

前のページに戻るこのページのトップへ