HOME > 分析機能(装置) > 物性試験
H0102

万能試験機

1.メーカー・型式

エー・アンド・デイ製     テンシロン RTC-1310A

2.原理・概略図

図:万能試験機の概略図

試験機のクロスヘッドの動きと各種の治具との組み合わせにより試験片に所定の歪み(引張り、圧縮、曲げ、せん断等)を加えてその時の応力をロードセルにより検出する。また、必要に応じて接触式(または非接触式)伸び計を組み合わせ変位を検出する。これらをデータ処理機(パソコン)に取り込み機械的特性値を求める。特に、近年プラスチック試験規格の国際整合化にともなうISO規格の採用にあたり懸案となるISO(新JIS)規格対応の引張り弾性率の測定が本試験機により可能となる。

3.性能・仕様

測定項目
  • (1)引張り弾性率(ISO/新JIS対応)
  • (2)機械的特性測定全般(引張り、圧縮、曲げ、せん断等の特性測定)
準拠規格
  • (1)ISO527-1,2/JIS K 7161,2
  • (2)ISO、JIS、ASTM等の関連規格
ロードセル 1kNおよび10kN(各0.5級)
伸び計
  • (1)〜0.2mm(精度±1μm)
  • (2)〜800mm(精度±0.05mm+0.1%FS)
試験速度 0.05〜1,000mm/min
恒温槽 -65℃〜270℃
試験片
  • (1)多目的試験片(ISO3167/JIS K 7139)
  • (2)各規格に基づく試験片
  • 測定のみまたは試験片の作成および測定のいずれも可能

4.応用分野・分析例

  • 各種プラスチックスの機械的特性の評価
  • カタログ、技術資料の作成のための測定
  • ユーザースペック合否の検証
前のページに戻るこのページのトップへ