HOME > 分析機能(装置) > 無機分析
H9002

熱重量測定装置(TGA)

1. メーカー・型式

島津製作所製     TGA-50

2. 原理

物質の温度を調節されたプログラムに従って変化させながら、その物質の質量を温度の関数として測定する。試料に重量変化が起こると天秤系のバランスに変化が生じる。この変化を光電変換素子で検出し、これを電気的に増幅してビームに取り付けたコイルにフィードバックすることによりビームをもとの零位にもどす。この零位にもどすのに必要な電流は、重量変化に比例するから、試料の重量変化を知ることができる。

図:TGA装置の原理

3. 性能

温度範囲 室温〜1000℃
測定範囲 ±20mg、±200mgおよびAUTO
測定感度 0.001mg
試料量 最大1g(通常10mg程度)
プログラム昇温速度 0.1〜99.9℃/min
雰囲気 窒素、ヘリウム

4. 応用分野

有機材料、高分子材料、セラミックス、金属、複合材料などの加熱による重量変化を測定する。

5. 分析例

  • 高分子の熱分解温度の測定
  • 高分子材料中の無機充填剤の定量
  • プラスチック、ゴム中のカーボンブラック量の定量
  • 無機水和物の脱水過程の測定
前のページに戻るこのページのトップへ