HOME > 分析機能(装置) > 物性試験
I0603

ウルトラピクノメータ

1. メーカー・型式

Quantachrome 製     UPY-2

2. 原理

試料室(体積VCELL)に試料を入れて一定圧力P1にした後、膨張室(体積VEXP)との間のバルブを開けて試料室と膨脹室をつなぐと、系の中の気体は膨脹して圧力P2となる。圧力P1とP2から試料の体積を計算し、試料重量をその体積で割れば密度が得られる。

図:ウルトラピクノメータの原理

3. 性能・仕様

各セルの繰返し性、正確さ

大セル(50φ×70mm)
  • 検量球容積70.6990cc
  • 繰返し性±0.01%以内
  • 正確さ±0.02%以内
中セル(40φ×35mm)
  • 検量球容積28.9583cc
  • 繰返し性±0.015%以内
  • 正確さ±0.02%以内
小セル(24φ×23mm)
  • 検量球容積7.0699cc
  • 繰返し性±0.015%以内
  • 正確さ±0.03%以内

測定必要試料

10cc〜350cc

4. 分析依頼の際の留意点

  • 試料に蒸気圧をもたらす汚染があると測定精度が悪くなる。(前処理(加温脱気)が必要)
  • 試料量は多いほど測定精度が上がる。

5. 分析事例

セラミック、触媒、活性炭、セメントなど

前のページに戻るこのページのトップへ