HOME > 分析機能(装置) > 無機分析
I311

加圧型マイクロ波分解装置「UltraWAVE」

1.メーカー・型式

マイルストーン ゼネラル製     UltraWAVE

2.原理と特徴

図1:UltraWAVEの外観

図1:UltraWAVEの外観

  1. 大容量の圧力容器内に、試料と分解試薬を入れたバイアルをセットします(最大15本セット可能)。
  2. 次に、圧力容器内に窒素ガスを導入し、与圧を行います(基本圧力40bar)。
  3. マイクロ波を照射して、高温高圧下での分解を行い、試料を水溶液化します。
  4. 通常のマイクロウェーブ分解装置の2倍以上の耐圧性があり、常時、最大温度260℃で分解を行うことが可能で、難分解性試料の試料前処理に適しています。
  5. また、マイクロ波を照射する前に、基本圧力を封入し、水の沸点を上昇させることが出来るため、低沸点の元素の損失を抑制することが可能です。

3.主な性能、仕様

制御方法 溶液温度によるマイクロ波PID出力制御
マイクロ波最大照射量 1500W
最高温度(使用温度) 300℃(260℃)
最高圧力(使用圧力) 199bar(160bar)
圧力容器の材質 ステンレス製
圧力容器の内容積 990ml

4.応用分野

ICP-AES、CV-AASのための試料前処理

  1. セラミックス、複合金属等の難分解性試料の前処理
  2. 低沸点の揮発性元素のための試料前処理
前のページに戻るこのページのトップへ