HOME > 分析対象 > 自動車 > リチウムイオン二次電池
L062

19F-NMRによるリチウムイオン電池の電解液中のFの定量分析

リチウムイオン電池の電解液劣化機構の一つとしてPF6の分解があり、その指標としてFの定量分析が求められています。Fの定量分析は、電解液を多量の水で希釈してイオンクロマトグラフィー分析(IC)で実施している事例が多く報告されています。しかしながらこの手法では、PF6の分解を完全には抑えることは出来ません。また、ある種の添加剤は水で希釈することで容易にFを生成するため適用できない場合があります。

これらの欠点は19F-NMRの絶対検量線法によりFの定量分析を行うことにより避けられます。本手法は、前処理から測定までを大気フリー雰囲気(Ar雰囲気)で行い、また、水を使用しないため、PF6や添加剤の分解は起こりません。従いまして、添加剤の種類に関わらず、電解液中のFの存在量を正確に求められます。

図1:標準F−の19F-NMRスペクトル

図1:標準F19F-NMRスペクトル

図2:試薬LiPF6の19F-NMRスペクトル

図2:試薬LiPF619F-NMRスペクトル

前のページに戻るこのページのトップへ