HOME > 分析機能(装置) > 有機分析
O1204

ガスクロマトグラフ

1. 特 徴

  1. 多成分の混合物を単一の成分に分離する装置の一つで、移動相に気体を用います。
  2. 定量分析ができます。

2. 原理・概略図

ガスクロマトグラフ(GC)は、移動相にヘリウムや窒素等の不活性なガスを用います。試料溶液中に含まれる化合物と固定相(カラム)との親和性(保持力)の違いにより各化合物を分離し、各種検出器で測定する装置です。化合物の保持時間から物質を推定し、その検出量を基にして定量を行ないます。

図1:装置写真      図2:装置構成図
図1:装置写真   図2:装置構成図

3. 性能・仕様

キャピラリーカラム 無極性、微極性、中極性、高極性等
検出器 FID(水素炎イオン化型)、TCD(熱伝導度型)、FPD(炎光光度)、 ECD(電子捕獲型)

4. 試料の形状、サイズ

対象試料 溶液試料、有機溶媒に溶解する固体・液体試料
試料量 溶液試料の場合は1%溶液で500μL以上
固体・液体試料は100μg以上

5. 分析依頼時の留意点

  • 熱的に不安定な化合物は、GC分析に適しません。
  • 試料に関する情報(溶解性、酸性度など)の提供をお願いします。

6. 測定データ例

1. 誘導体化ヒドラジンのGCクロマトグラム (データ参照元:「GC、GC/MSを用いるヒドラジンの高感度分析」)
1. 誘導体化ヒドラジンのGCクロマトグラム

2. 光学異性体の分割(カラム:シクロデキストリンコーティングカラム)
2. 光学異性体の分割(カラム:シクロデキストリンコーティングカラム)

7. 適用例

  • 洗浄液の成分分析
  • 溶液中の微量不純物分析
  • 材料の純度評価
  • デバイス材料の定量分析
  • 薬液中の添加剤定量分析

前のページに戻るこのページのトップへ