HOME > 分析機能(装置) > 有機分析
O1502

ガスクロマトグラフ−質量分析計(GC-MS)

1. メーカー・型式

Agilent Technologies社製     5977型

2. 原理・特徴

ガスクロマトグラフによって分離された各成分は、イオン源で熱電子によってイオン化され、その一部は分解してフラグメントイオンとなります。これらは四重極MS部にて質量分離して検出されます。

3. 性能・仕様

写真:装置の概観
写真:装置の概観
イオン化法 EI、PCI、NCI
質量範囲 m/z 20〜1,050
感度 EI Scan S/N>1,500
(1pg、オクタフルオロナフタレン)
多機能オートサンプラー ゲステル製MPS2
(液体、ヘッドスペース、SPME対応)

4. 測定試料

対象試料 有機物(液体、固体)および気体
試料量 数ml、数mg

5. 分析依頼時の留意点

  • 熱によって分解する試料は測定できません
  • 極性が高い成分は、測定が困難な場合があります

6. 応用分野

  • 有機材料の分子量決定・構造解析
  • 農薬、医薬品等の不純物の分子量決定・構造解析
  • 有機合成反応液の組成分析

7. 適用例

アルキルアルコール混合サンプルの測定を実施しました。ピークAは検索結果からブタンジオールであることがわかります。

図1:サンプルのTICクロマトグラム
図1:サンプルのTICクロマトグラム
図2:ピークAのマススペクトル(上)と検索結果(下)
図2:ピークAのマススペクトル(上)と検索結果(下)
図2:ピークAのマススペクトル(上)と検索結果(下)

前のページに戻るこのページのトップへ