HOME > 分析機能(装置)

Q1301

光安定性試験装置

1. メーカー・形式

ナガノサイエンス製     LTL-200A5-14WCD

2. 原理および特徴

  1. ICH光安定性試験ガイドラインに準拠した3光源による医薬品の光安定性試験が可能。
  2. 温度・湿度・照度の制御が可能。
  3. ±10%以内の均一な積算照度、紫外線強度が可能。

3. 主な性能、仕様、付属品

光源 D65蛍光ランプ、ケミカルランプ、白色蛍光灯
照度範囲 1.00〜4.00 klx、又はフルパワー(D65蛍光ランプ)
1.00〜5.00 klx、又はフルパワー(白色蛍光灯)
紫外線強度範囲 3.00〜15.00 W/m2、又はフルパワー(ケミカルランプ)
温度範囲 5.0〜40.0℃(温度分布:±1.0℃)
湿度範囲 45〜80%RH(湿度分布:±5%RH)
照度・紫外線強度分布 ±10%
写真:光安定性試験装置

写真:光安定性試験装置

4.試料の形状、サイズ

試料台(サイズ 直径530mm、対荷重MAX 15kg)に乗るもの

5.分析依頼時の留意点

試験中にガス、溶剤、臭気等の汚染物質が発生する恐れのあるものはお断りします。

6.応用分野と分析例

医薬品(原薬、中間体、製剤)の光安定性試験(GMP対応)

前のページに戻るこのページのトップへ