HOME > 分析機能(装置) > 表面分析
S0901

卓上傾斜切削機

1. メーカー・型式

NEAT製

2. 原理・特徴

試料表面に対して低角度(0.2〜10度)で斜め切削を行うことによって、分析面を垂直断面に対して深さ方向に5〜300倍に拡大することが可能な分析試料作製装置です。塗装膜や多層フィルムなどのように深さ方向の組成分布や層構造を持つ試料の深さ方向分析を行うのに最適な試料前処理装置です。装置の主な仕様と切削原理は以下の通りです。

写真:卓上傾斜切削機の外観 図1:切削原理
切削角αを小さくするほど、切削面の拡大倍率(深さ方向)を大きくすることができます。
写真:装置外観  

3. 仕様

傾斜切削角度 0.2〜10度(0.2度刻みで任意設定)
切削刃 単結晶ダイヤバイト
切削面幅最大値 3.5mm
切削距離 40mm以下
推奨試料形状 70mm×70mm以下(厚み10mm以下)
適用試料 ポリマー材料、有機物(有機EL等)、その他、一部の金属やセラミック材料
適用分析手法 顕微ATR、顕微ESCA、TOF-SIMS
図:切削イメージ

図:切削イメージ

前のページに戻るこのページのトップへ