HOME > 分析対象 > ライフサイエンス > 安全性評価 > 安全性試験
SE013

各種抗菌性試験方法の紹介
−抗菌性試験方法−

微生物は、着色、臭気、製品劣化等様々なトラブルを引起こすため、抗菌材料の有用性は古くから知られていましたが、近年の清潔志向の高まりに伴い日常品の多くに抗菌加工製品が利用され、一般に広く認識されるようになりました。抗菌加工製品は、有機系抗菌剤や半永久的に使用できる光触媒など、多様なものが使用されており、その評価方法も様々に工夫されています。

弊社では研究開発向けに、多様な検体の材質・形状などを考慮して、適用できる試験法の検討を行いますので、予備検討など、お気軽にお尋ねください。

1. フィルム密着法(JIS Z2801参照)

材料上に菌液を接種し、ポリエチレンフィルムで覆って菌液を表面に広げ、一定時間後の菌濃度の変化を調べる方法。

プラスチック、金属、セラミックスなど疎水性で平滑な面を持つ材料に適応。

2. 菌液吸収法(JIS L1902参照)

材料に菌液を染み込ませ、一定時間後の菌濃度の変化を調べる方法。
繊維製品など親水性、吸水性材料に適応。

3. シェーク法

材料全体を菌液に浸して振とうし、一定時間後の菌濃度の変化を調べる方法。
上記1.2.と原理がことなるが、粒状、ペレット状、しん状など平滑な表面が確保できない材料に適応。

4. ハローテスト(定性試験,JIS L1902参照)

寒天培地全面に菌を接種しその上に材料を載せる。材料周囲の菌の発育阻止帯(ハロー)の大きさから、定性的に抗菌性を調べる方法。

5. MIC測定

抗菌剤を加えた培地に菌を接種し、発育を阻止する最小濃度(MIC)を調べる方法。
有機系・無機系・天然系の抗菌剤。

前のページに戻るこのページのトップへ