HOME > 分析対象 > ライフサイエンス > 安全性評価 > 安全性試験
SE046

マウスリンフォーマTK試験

ほ乳類培養細胞を用いる染色体異常試験と同様に、化学物質によって誘発される染色体異常の有無を検索する試験です。弊社では、Dr.Coleらによって開発された96穴のプレートを利用するMicro Plate法で試験を実施しています。

本試験の特徴

  1. マウスリンパ腫細胞L5178Y(TK+/--3.7.2C)株のチミジンキナーゼ遺伝子座の変異を指標として、遺伝毒性誘発性の有無を検索します。
    遺伝子の変異を指標とする点で、細菌を用いる復帰突然変異試験(Ames試験)と同じですが、ほ乳類の培養細胞を用いる点でより高次な試験です。
  2. TFT(トリフルオロチミジン)耐性の突然変異体の有無を調べるので、染色体異常試験に比べ観察が容易です。

実施例(グラフ)

陽性対照のMMS(メチルメタンサルフォネート)の用量に依存して突然変異の割合が増加しました。

図:突然変異頻度と生存率

図:突然変異頻度と生存率

前のページに戻るこのページのトップへ