HOME > 分析対象 > ライフサイエンス > 安全性評価 > 安全性試験
SE051

In vitro小核試験

弊社では、微生物や培養細胞を用いた変異原性試験(遺伝毒性試験)について、豊富な実績を持っています。ここでは、弊社で実施していますほ乳類培養細胞を用いたIn vitro小核試験について、原理や特長について簡単にご紹介いたします。

試験方法はガイドライン化が進められており、ドラフトのOECD487が提示されています。これには下の小核生成模式図に示したように、大きく分けてサイトカラシンBを使う方法と使わない方法の2種類があります。

小核試験には次の特徴があります。

  1. 高度な熟練を要する染色体分析に比べて標本作製や観察が容易で、試験期間の短縮が図れます。
  2. 染色体異常試験では不可能であった異数性(染色体本数の変化)の検出が可能です。
図1:小核生成模式図
図1:小核生成模式図
図2:ギムザ染色写真の例(サイトカラシンBなしCHL/IU細胞株)
図2:ギムザ染色写真の例(サイトカラシンBなしCHL/IU細胞株)
前のページに戻るこのページのトップへ