HOME > 分析対象 > ライフサイエンス > 安全性評価 > 安全性試験
SE052

レジオネラ菌測定

昨今、公共浴場や病院などで利用される温水施設に発生したレジオネラ症が問題になっていますが、レジオネラ菌は通常の細菌学的な培地には生育し難く、測定が難しいため、需要に比べ測定可能な施設が少ないのが現状です。ここではその一例をご紹介します。

レジオネラ菌測定の流れ

図1:レジオネラ菌測定の流れ

測定結果

図2:レジオネラGVPC寒天培地
  • レジオネラ菌はL-システイン不含のBCYEα寒天培地では生育できない。
  • レジオネラ菌はグラム陰性の長桿菌である。
  • レジオネラは灰青色コロニーが特徴
図2:レジオネラGVPC寒天培地  
前のページに戻るこのページのトップへ