HOME > 分析対象 > ライフサイエンス > 安全性評価 > 安全性試験
SE085

UBE科学分析センターの安全性評価試験

医薬品、化粧品、食品添加物、特定保健用食品、一般化学品など、あらゆる分野で健康や安全に関する要求が年々高まっており、安全性情報は商品価値を高める差別化要素としても注目されています。弊社では新規化合物の変異原性試験を各種GLP対応(薬機法、安衛法、化審法)で実施しています。また、高分子フロースキーム試験、さらに、抗菌性試験、細胞毒性試験などの微生物・細胞関連の試験を実施しています。

弊社の特徴

  • 高品質、医薬GLPにも対応
  • 豊富な実績(Ames試験:5,000件以上、内GLP試験2,000件以上)
  • 英文報告書作成にも対応
  • 迅速、且つ、きめ細かな対応

高品質で信頼性の高いデータを提供することが私どもの最大の使命です。そして、迅速、且つきめ細かに対応させていただき、お客様に満足していただけることが私どもの最高のよろこびです。安全性試験は、是非、弊社にご用命下さい。

変異原性試験

  • Ames試験
    GLP試験に加え、スクリーニング試験につきましても豊富な経験を有しています。試験条件の設定等、ご要望に細かく対応させて頂きます。
  • 染色体異常試験
    国内外で広く用いられているCHL/IU細胞を使用した、in vitro染色体異常試験を実施しています。 GLP試験に加え、ご要望に応じて簡易試験を実施します。研究開発のスピードアップに是非ご利用下さい。
  • in vitro小核試験
    検体使用量を抑えた簡易スクリーニング試験もございます。
  • その他
    マウスリンフォーマTK試験やumu試験についてもお気軽にお問い合わせ下さい。

高分子フロースキーム試験

化審法の高分子化合物に適用される届出用試験を実施します。また、申請業務代行も受け賜ります。お気軽にご相談下さい。

微生物・細胞を用いる試験

  • 抗菌性試験(JIS Z 2801 フィルム密着法、MIC測定)
  • 生菌数測定(大腸菌群、一般細菌、レジオネラ菌、従属栄養細菌、真菌等)
  • 全菌数測定(蛍光顕微鏡法)
  • 細胞毒性試験(日本薬局方、ISO10993-5)

その他、お気軽にお問い合わせ下さい。

前のページに戻るこのページのトップへ