HOME > 分析機能(装置) > 有機分析
O0901

原子発光検出器付ガスクロマトグラフ(GC-AED)

1. メーカー・型式

原子発光検出器(AED)  :  jas(joint analytical systems)製    2390AA型
ガスクロマトグラフ(GC)  :  Agilent社製    6890N型

2. 原理・概略図

GCにて分離された成分がAED部に導入されます。導入された成分は、マイクロ波誘導プラズマ中で原子化され、次いで原子が高エネルギーレベルへ励起されます。これが基底状態に戻るとき原子発光が起こり、この光を回折格子にて分光してフォトダイオードアレイ(PDA)により検出します。PDAによる多波長の同時検出なので複数元素を同時に検出(制限あり)でき、各ピークについての発光線を確認して、炭素など他の元素の干渉と区別することで元素を正確に判定できます。

図:GC-AED 装置の概略図

図:GC-AED 装置の概略図

3. 性能・仕様

測定可能な元素 C、H、N、O、S、P、Cl、Br、F、I、Si、Ge、B、As、Fe、Pb、Mn、Hg、Ni、Se、Sn、V、13C、15N、D(重水素)
検出感度 1〜150pg/sec(元素および分析条件によって異なる)
装置の特徴
  1. GCで分離された成分の元素含有比率を求めることが可能
    ※指定された元素について対応いたします。
  2. 調べたい元素を持つ化合物で検量線を作成し、定量が可能
    ※定量目的の成分を標準試料とする必要がありません。

4. 適用化合物・分野の例

  • 気体や液体・溶液試料中の特定元素を有する成分の検出・定量
  • 縮合系ポリマー(加水分解−誘導体化物)の組成比定量分析

前のページに戻るこのページのトップへ