HOME > 分析機能(装置) > 有機分析
O1804

液体クロマトグラフ-ハイブリッド型質量分析法 (質量分析部:Orbitrap型)

1. 形式

サーモフィッシャーサイエンティフィック製
Q-Exactive Focus

2. 特徴

  1. 多成分混合物試料をLCで分離し、それらの各成分について分子量情報を得ることができます。
  2. 高分解能測定により、組成式を推定することができます。
  3. フラグメントイオンの解析により、多くの構造情報を得ることができます。
  4. 高い選択性により共存成分との分離が可能なため、高感度に定量分析ができます。

3. 原理・概略図

液体クロマトグラフによって分離された各成分は、イオン源でイオン化され、四重極MS部を通り、Orbitrap部へ導かれます。Orbitrap部では、イオンは中心電極を周回しながら2つの外部電極間で振動します。イオンの大きさによって異なる周波数で振動することを利用して、それぞれのイオンを分離します。
このOrbitrapは、高い分解能と安定した質量精度を特長としています。また、高速に極性を切り替えることができるため、PosとNegの同時測定も可能です。

図1:装置外観      図2:装置構成
図1:装置外観   図2:装置構成
©サーモフィッシャーサイエンティフィック株式会社

4. 主な性能

イオン化法 ESI、APCI
質量分解能 70,000
質量範囲 m/z 〜3,000
その他 高分解能測定、MS/MS測定、コロナCAD同時測定

5. 測定試料

溶液試料、有機溶媒または水に可溶な固体・液体試料

6. 分析依頼時の留意点

LC移動相に不揮発性の無機塩(Na、K、リン酸など)や腐食性の酸は使用できません。

7. 応用分野と分析例

  1. 有機材料の分子量決定・構造解析
  2. 医薬品などの不純物の分子量決定・構造解析
  3. 有機合成反応液の組成分析
  4. ペプチドや核酸などの生体関連物質

前のページに戻るこのページのトップへ