HOME > 分析機能(装置) > 有機分析
O2101

有機元素分析装置

1. 装置

メーカー エレメンター・ジャパン
形式 vario EL cube

2. 特徴

装置外観
(提供:エレメンター・ジャパン)

有機物を構成する炭素、水素、窒素、硫黄、酸素の元素含有率(wt%)を調べることが出来ます。また、これらの元素のうち、CHNSを同時に測定できるモードを有しています。

3. 仕様及び性能

測定元素 炭素、水素、窒素、硫黄、酸素
測定モード CHNモード、CHNSモード、Oモード
測定範囲
(絶対量として)
C:0〜40mg
H:0〜3mg
N:0〜15mg
S:0〜6mg
O:0〜2mg
許容誤差 ±0.4wt%(C、H、N)
±0.6wt%(S)
±1.0wt%(O)

4. 測定試料

対象 有機物
試料量 10mg以上

5. 留意点

試料 妨害元素(ハロゲン、金属、アルカリ金属、P、B等)を含む場合
  • 定量値にズレが生じることがあります。
  • 装置が損傷した場合、別途、補修費用をご負担頂くことがあります。
    (損傷の可能性が高い場合、測定を辞退させて頂くことがあります。)

6. 応用分野及び適用例

応用分野 適用例
高純度合成物 有機化合物、医薬品
高分子 樹脂、ゴム
天然物 植物
燃料 石油、石炭、バイオマス

7. 測定結果事例

CHNモード測定結果(wt%)
試料 C H N
4-トルエンスルホンアミド 理論値 49.1 5.3 8.2
平均値*1 49.0 5.3 8.5
CHNSモード測定結果(wt%)
試料 C H N S
スルファニルアミド 理論値 41.9 4.7 16.3 18.6
平均値*1 41.8 4.6 16.3 18.6
Oモード測定結果(wt%)
試料 O
アラニン 理論値 35.9
平均値*1 35.5

*1 n = 4

前のページに戻るこのページのトップへ