HOME > 分析対象 > ライフサイエンス > 安全性評価 > 安全性試験
SE001

エームス(Ames)試験 −微生物を用いる変異原性試験−

米国カルフォルニア大学のAmes教授らによって開発され、発ガン物質をスクリーニングするための毒性試験として世界中で用いられています。

安衛法・化審法における新規化学物質の届出に必要なGLP対応試験を実施しています。

試験の原理

遺伝子組換えにより作製された微生物(ネズミチフス菌、大腸菌)に化学物質を作用させると、DNAと相互作用を示す物質は突然変異を誘発し、寒天培地上にコロニー数の増加を引き起こします。使用する菌の種類により、DNAヌクレオチド配列の変異の違い(塩基対置換又はフレームシフト)も検出できます。

使用菌

ネズミチフス菌 TA98、TA100、TA1535、TA1537、TA1538
大腸菌 WP2uvrA、WP2uvrA/pKM101

試験法

  • プレート法
  • プレインキュベーション法
  • 改良プレインキュベーション法
写真:サルモネラTA98による試験

写真:サルモネラTA98による試験
左:コントロール
右:変異原AF-2処理

図:エームス(Ames)試験の原理
図:エームス(Ames)試験の原理
前のページに戻るこのページのトップへ