HOME > 分析対象 > 材料 > 有機材料
O457

CE-MSによる有機化合物構造解析

有機化合物の構造解析手法の一つに質量分析があります。代表的なものは高速液体クロマトグラフィー質量分析(LC-MS)、ガスクロマトグラフィー質量分析(GC-MS)、キャピラリー電気泳動質量分析(CE-MS)です。その中でもCE-MSでは、分離機構にイオン性を利用しているため、化合物の質量だけでなく、化合物の構造情報としてどのようなイオン性を有しているかを知ることができます。すなわち、中性成分より早くカチオン性成分が検出され、遅くアニオン性成分が検出されます。分析例として、種々の構造の界面活性剤をCE-MSにて分析した結果を下記に示します。界面活性剤の種類(カチオン性、アニオン性、ノニオン性、両性)によって検出位置が異なることが分かります。このように、CE-MSでは化合物の質量だけでなくイオン性も知ることができるため、有機化合物の構造解析に有効です。

図1:界面活性剤のCE-MS測定結果 図1:界面活性剤のCE-MS測定結果

図1:界面活性剤のCE-MS測定結果

前のページに戻るこのページのトップへ