HOME > 分析対象 > 材料 > ナノ材料

ナノ材料

図:ナノ材料

カーボンナノチューブ(CNT)は、炭素の同素体で、平面のグラファイト(グラフェンシート)を丸めて単層あるいは多層の同軸チューブ状にしたものです。CNTは特異な電気特性と熱伝導特性を持っており、エレクトロニクス分野での幅広い応用が図られております。さらに、優れた機械特性(高い機械強度や弾性力)を持ち、構造材料としての応用も進んでおります。
弊社は様々なタイプのCNTについて、試料の作製法から分析、解析、評価まで広く技術の蓄積を行っておりますので、CNTの研究開発に大きく貢献しております。

カーボンナノチューブ(CNT)の分析

CNTの特性はCNTの性質(直径、長さ、不純物、欠陥)と密接な関係があります。CNTの研究開発にはこれらの性質を正しく評価しなければならず、そのためには、様々な分析法を組み合わせて総合的に解釈する必要があります。特に、CNTは、一本一本が複雑に絡み合い凝集しているため、この状態での精密な規格評価は出来ません。弊社は、CNTの分散方法を様々な角度から検討し、各種解析に適したサンプル作製を行っております。  最適なサンプル作製が可能になって初めて信頼できるデータをご提供することができます。

分析項目

分析項目 使用機器・手法 分析事例
直径 TEMSEMRamanXRD TEMによる単層カーボンナノチューブの直径分布測定
カーボンナノチューブ(CNT)の低ドーズ測定
単層カーボンナノチューブ(SWCNT)の高コントラスト測定
多層カーボンナノチューブの長さと直径のSEM測定
ラマン分光法による単層カーボンナノチューブの直径分布評価
単層カーボンナノチューブのラマンスペクトルに及ぼす励起レーザ光強度の影響
多層カーボンナノチューブの直径と積層間隔について
長さ SPMSEM AFMを用いた単層カーボンナノチューブの長さ解析
界面活性剤による単層カーボンナノチューブの孤立分散
単層カーボンナノチューブの長さ分布に及ぼす界面活性剤濃度の効果
多層カーボンナノチューブの長さと直径のSEM測定
欠陥、不純物 Raman、熱重量分析、TEM 還元雰囲気下ダイナミックTGAによるカーボンナノチューブの分析
ラマン分光法による単層カーボンナノチューブの欠陥評価
カーボンナノチューブに含まれる「金属元素」の分析
カーボンナノチューブに含まれる「多環芳香族炭化水素」の分析
表面状態 XPS XPSによる単層カーボンナノチューブの表面官能基分析
単層カーボンナノチューブの分析(XPS、ラマン分光法)
多面的評価 総合分析 単層カーボンナノチューブの分散状態観察
SEM-XRDによる多層カーボンナノチューブの直径評価

カーボンナノチューブ(CNT)の規格評価を可能にする前処理

カーボンナノチューブ(CNT)は、一本一本が複雑に絡み合い癒着しているため、この状態での精密な規格評価はできません。我々は、ある種の分散剤を用いることでカーボンナノチューブ(CNT)の透明・均一な分散溶液を調製し、そこからさらに各種解析に適したサンプル作製を行っております。最適なサンプル作製が可能になって初めて信頼できるデータをご提供することができます。その他、お客様のご要望に応じてカーボンナノチューブ(CNT)に関する各種前処理をご用意しております。

分析事例(カーボンナノチューブ(CNT)アプリケーションへの挑戦)

CNTは広い分野で様々な応用が図られており、解決すべきで数々の難問が生じています。弊社は「CNTの多角的な特性評価」、「ミクロとマクロの視点」などの分析技術と「高分子、有機、無機材料に関する技術基盤」を融合させ、最新の技術で問題解決に貢献いたします。
CNTの最新の分析例を次に示しました。

参考資料

このページのトップへ