ホーム >  地盤改良 > エコロックパイル工法 > エコロックパイル工法の特長

エコロックパイル工法の特長

エコロックパイル工法は、先端部に切刃及びらせん翼を取り付けた小口鋼管杭(エコロックパイル)を回転して、地中に貫入させる工法です。
低騒音・低振動・無排土施工なので環境にやさしく、しかも狭い敷地や搬入路でも施工が可能です。また、翼部が先端支持力に寄与するので高い鉛直支持力が期待でき、経済的で高品質な杭を提供できます。鋼管杭の貫入だけの工法であるため、セメント系固化材を用いる地盤改良工事に較べて土壌汚染の心配がなく撤去作業も容易です。

エコロックパイル工法の特長

1低振動・低騒音・無排土施工で環境にやさしい
鋼管杭の先端部に切刃及び翼を取り付けて回転貫入させるため、低振動・低騒音・無排土の環境に配慮した工法です。(水やセメントミルクを使用しません。)
2狭い敷地や狭い搬入路でも施工可能
施工機械がコンパクトなので、狭い敷地や狭い搬入路でも施工が可能です。
3高い鉛直支持力
翼部が先端支持地盤にロッキングし、高い鉛直支持力が期待できますので、経済的で高品質の杭を提供できます。
(上杭は、厚さや材質を変えることにより、杭頭曲げ耐力の向上が図れます。)
4確実な打ち止め管理
リアルタイムで施工管理記録を確認できるため、確実な打ち止め管理が行えます。
5逆回転で引抜き可能
杭は逆回転で引き抜くことができ、撤去作業が容易で再利用も可能です。
6幅広い支持層の選択
砂質地盤・礫質地盤・粘土質地盤に適用することができます。

杭の貫入・支持機構

エコロックパイルを回転させ、土砂を杭側面に押圧しながら、所定の支持基盤に貫入させます。

図:杭の貫入・支持機構

先端部の切刃、らせん翼

図:杭の貫入・支持機構

ページトップへ戻る